友人とワイワイ楽しんだり、趣味に没頭したり。独身生活を謳歌してるけど、でもなんだか物足りない… ふっと気がつけば結婚適齢期もとっくにきている。

最近、恋愛から遠ざかっていたから、男性とのお付き合いの仕方も忘れちゃった。なんてぼんやり考えているなら、時間がもったいないです。

生涯ひとりでも構わない…と決意している方は別ですが、なんとなくひとりできちゃった。とぼんやりおひとりさまの時間を過ごしてきた方は、ちょっと危険!

「ぼんやりおひとりさま」とは女性の社会進出とともに出現した自分の行動に目的と意味のある「おひとりさま」じゃありません。

自分の意志でおひとりさまを謳歌しているわけでもなく“友人もいないのでやむを得ず一人で行動しているだけ。

何となく今のままじゃダメだという気はあるものの、結婚に対して真剣に考えて来なかった方です。

生涯おひとりさまに向いていない人

次の項目に4つ以上当てはまったら、生涯おひとりさまには向いていません。

婚活をすぐに始めてパートナーを見つけましょう。

①年齢が気になってきた

20代前半はチヤホヤされて、男性たちから蝶よ花よの状態。その心地よさに甘んじていたらいつの間にか30代に…

今は男性からのアプローチは一切ない。ちょっとあせる気持ちはあるけど、どこかに真剣になったら何とかなると思ってしまう。

②周りが結婚しだして寂しい

会社の同僚や同期の結婚が多くなった。奥さんの話や家庭の話を聞いてうらやましい。結婚した同僚を飲みに誘ってもほとんど断られてしまう。

③子供が欲しいと思ったり老後が心配

友人の子供や街で見掛ける子供が、すごくカワイイと思うようになってきた。

自分の子供がいたら、どんな感じかなと考えたりする。このまま一人で年老いて行くのでは…と何とも言えない焦燥感に駆られる。

④仕事だけでなくプライベートを充実させたい

明かりのついている家に帰りたい。落ち込んでいるときに「大丈夫?」の優しい言葉を掛けてほしい。

仕事は充実しているけど、やっぱり家庭を持つ事の方が大切だと思うようになった。休日に旦那さんとゆっくり過ごしたい。

⑤ひとりで過ごすのが辛くなってきた。

最近とても寂しがり屋になった気がする。ひとりでも全然平気だったけど、どこかに出掛けても、家族やカップルばかり。

すごく孤独を感じるようになったし、他人から見ても寂しそうな女に見えるのかなって思ってしまう。

⑥結婚するなら恋愛結婚にこだわならい

出来れば燃えるような恋愛をするのが理想だけど、現実は出会いがないので高望みはしない。

昔からお見合いだってあるし、本当に良い相手なら恋愛結婚でなくても構わないと思う。

⑦結婚は?と聞かれることにうんざりする

「結婚はまだ?」とか「結婚しないの?」とよく聞かれる。

「いい人に巡り会わなくて」と毎回言うけど、結婚していない事がそんなに罪なの?と落ち込んでしまう。早くそんな状況を変えたくなった。

以上7項目です。いかがでしたか?4つ以上当てはまれば、もう婚活を真剣に取り組むタイミングです。

ぼんやりとおひとりさまの時間を過ごしていたら…生涯おひとりさまになっていたなんて絶対避けたいですよね。

もう無駄に時間を使ってはいけません。時間が過ぎれば過ぎるほど、状況がますます悪くなり、どんどんあなたの希望が通らなくなります。あなたは今、けして楽観的な状況でないことを自覚しなければなりません。

だけど、今真剣に婚活に取り組むならば、明るい未来がきっと待ってるでしょう。

>>他の婚活コラム記事へ

>>すぐに婚活を始めるならこちらへ